「リフォーム」と「リノベーション」の違い、知っていますか?

長年住んでいる住宅が傷んできたり、使い勝手が悪くなってきたりすると、「そろそろリフォームしないとね」という話になってきます。
「リフォーム」という言葉は広く知られていますが、最近では「リノベーション」という言葉も聞くようになりました。「リノベーションしたマンション」を「リノベマンション」と表現されることも増え、徐々に一般化しつつあるようです。今回は、この「リフォーム」と「リノベーション」の違いについてお話しましょう。

「リフォーム」「リノベーション」とは?

この2つの言葉は、どちらも「古くなった住宅に何らかの手を加えること」を意味するのですが、どういった違いがあるのでしょうか。
実は、「リフォーム」と「リノベーション」については、国などで定められた明確な定義は存在しません。
曖昧でいい加減な区別なの?と思われるかもしれませんが、住宅業界では次のような解釈で使い分けをする動きが出てきています。

●「リフォーム」とは
原状回復のための修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処
●「リノベーション」とは
機能、価値の再生のための改修。その家での暮らし全体的に対処した、包括的な改修
(出典:一般社団法人 リノベーション協議会HPより)

少し難しいので、具体的に説明していきましょう。

住宅は新築した日から時間とともに古くなっていきます。特に、毎日使う水廻りの設備は消耗の激しい箇所となりますので、原状回復を目的にした取り替え工事が必要となります。
『キッチンの流し台やガス台、換気扇などを取り替える』『古くなったお風呂をユニットバスに取り替える』などの取り替え工事などは「リフォーム」に分類されます。
『剥がれた壁のクロスや傷んだフローリングを貼り替える』『汚れた外壁を塗装する』など、不具合のある箇所を修復したり、『階段に手すりを取り付ける』『収納を増やす』『居室の壁を取り除いて大きな部屋にする』といった軽微な変更工事も「リフォーム」と考えられます。

一方で、居室内のすべての建材や設備を一旦取り除き、「スケルトン」状態にしてから水廻り位置の変更も含めた全体的な改修を行う場合などは、「リノベーション」と呼ばれるようになっています。
最近よく聞く「古民家再生」も、昔からの良質な木材が使われている梁や柱などの主要構造部については、そのまま利用するので、「リノベーション」ということができます。

つまり、住み続けるなかでマイナス状態になった住まいを「プラスマイナスゼロ」の状態に戻すのが「リフォーム」。機能やデザインといった様々な側面で「プラスα」の価値を付けるのが「リノベーション」と考えていいのではないでしょうか。

中古物件をリフォーム・リノベーションするという選択肢

住宅展示場やモデルルームで最新設備の物件を見学すると、新築を中心にマイホームを探したくなると思いますが、いろいろな制約条件の範囲内で良い物件を見つけることは簡単ではありません。
住みたい街として人気になっているエリアは既に開発が進んでいたり、成熟しているエリアであることも多く、新しい土地や新築物件が出てきにくい状況にあるからです。

希望エリアに気に入った新築物件がない場合は、中古物件まで広げて探してみるのはいかがでしょうか?
最近では、リフォーム・リノベーション一体型の住宅ローン商品も増えており、立地条件が良くて価格も手ごろな中古物件を新築同様にリノベーションし、より自分たちの希望に叶う住まいを手に入れることもできるようになっています。

行政の方でも空き家活用を推進し始めていて、一部の市町村ではUターン・Iターンなどで新たに住宅を探している人を対象に給付金を支給するなど、中古不動産市場の活性化が進んでいます。
住宅金融支店機構の「フラット35」でも、提携している市町村で住宅を取得する人向けに金利面で優遇するローンがあり、「子育て支援型」「地域活性化型」と呼ばれる種類のローンでは、当初5年間0.25%金利優遇を受けることができるなど、中古物件を取得するための環境が整ってきています。

“リフォームとリノベーションを上手く利用して、自分好みの住まいを手に入れる”
中古不動産のリフォーム・リノベーションという選択肢にも、是非ご注目ください。

次回はリフォームやリノベーションで利用できるローンについて解説いたします。

仲介手数料無料・半額・割引Prefee
仲介手数料無料・半額・割引Prefee

Prefee運営事務局の「不動産実務経験者」「宅地建物取引士の資格登録者」「住宅ローンアドバイザーの資格登録者」等が不動産購入・売却に役立つ記事を執筆しています。